多くの女性が悩む便秘ですが、原因も解消法もさまざまです。
自分にあった方法で、ツライ便秘を解消しましょう。
食事の工夫、運動、ヨガ、ツボ、いろんな方法を紹介します。

スポンサードリンク


Warning: file(http://www.jf81.com/sys/link/48) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /virtual/zakka/public_html/benpiyada.preciousinfo.net/index.html on line 46

コラム◆便秘解消に使われる漢方薬

漢方医学で薬を使う場合は、便秘をしている人の体質やその時の全身状態、また、なぜ出ないかという原因などを細かく考えて使います。
便秘の人によく使われる漢方薬をご紹介しましょう。

1. 三黄散(さんおうさん)
この薬には、大黄、黄苓、黄連、という三つの薬が配合されています。
お通じをつける効果だけでなく、体を冷やす作用もあり、赤ら顔やのぼせ、精神不安定などにも効きます。
「熱タイプ」と呼ばれる、赤ら顔、いつも身体が熱っぽい、口が乾きやすい、口臭がある、小便の色が濃い、冷たいものを好むなどの傾向のあるの人の便秘に使われます。

2.桂枝加芍薬薬黄湯(けいしかしゃくやくだいおうとう)
この薬のなかの芍薬、甘草、生姜などは腸の運動を正常にしますので、胃腸の弱い人の便秘に使われます。
また、大黄には下剤としての効果があります。お腹が張って腹痛などを伴う人は効果的です。
「寒タイプ」と呼ばれる、手足が冷えて寒がりの人、時々腹痛があるが暖めると軽くなる、口は乾かない、夜間に頻繁に小便に起きるという症状の人によく使われます。

3.潤腸湯(じゅんちょうとう)
どちらかというと体力のない人、体液成分が不足している高齢者、顔色がわるい、頭がふらふらするという人の便秘に使われます。こういった症状の人は「虚タイプ」と呼ばれます。

4.大黄甘草湯(だいおうかんぞうとう)
色々な症状が重なり、タイプを決めることが出来ないという人に幅広く使われます。
体力のあるなし等あまり細かく考えなくてもよいですが、冷え症の人が使うと腹痛を起す場合もありますから注意して下さい。

スポンサードリンク

▲このページのトップへ


Warning: file(http://www.jf81.com/sys/link/49) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /virtual/zakka/public_html/benpiyada.preciousinfo.net/index.html on line 164

携帯版のQRコード

便秘解消ミニ事典:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://benpiyada.preciousinfo.net/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。